税理士の年収は、公認会計士よりも低くなるというのは一般的な見方です。
実際に就職をしてみると、年収の差に愕然とするという方がいるのも事実のようですね。
しかし税理士の年収が、必ず公認会計士よりも低いのかというと、必ずしもそうではないようです。
税理士として働いている方の中には、年収が2,000万円になるような方も少なくないようです。
もちろん、税理士事務所を立ち上げて経営することによって、年収の額を上げていくという方法もあります。
これは税理士として働く方の、最終的な目標になるかもしれませんね。
しかしこの方法以外にも、税理士の年収を上げるための方法があります。
それは、英語を身につけることです。
なぜ英語ができると、年収が上がるのかというと、税理士としての仕事は、海外の方が高く評価されているからです。
日本にある外資系の会社であれば、当然外資が資本になっているため、給料は高くなります。
しかし英語での仕事が必要になってきますので、これが一種のハードルになってきます。
しかしこのハードルを越えることができれば、そのまま年収を上げられるようになるわけです。

Sorry, comments are closed at this time.

Back to top